大人だけじゃない

赤ちゃんは大人より肌の水分量が多いといわれていますが、それでも放置していると乾燥してしまいます。
これまで赤ちゃんに対してのスキンケアは特に必要ないとされていた事実がありました。
オイルやローションを使うことは甘やかすことになり、かえってその後の健康や精神面に良くないという思想があったのです。
しかし近年、赤ちゃんの頃から感想を防ぐスキンケア商品を使っていると、その後のアトピーの発生率が低下するという結果も出ています。
このことから将来の赤ちゃんの健康のためには積極的にスキンケア商品を使うことが重要であることがわかります。
赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐためには、オイルやローションの形で発売されている商品を使うのが良いでしょう。
また、赤ちゃんの体や顔を洗う際にもあまり洗浄力の強くない石鹸やボディーソープを選びましょう。
石鹸は透明になっているものがグリセリンやオイルの配合量が多く、肌に刺激が少なく赤ちゃんに適しているといえます。

赤ちゃんのスキンケアでポイントになるのは肌を清潔に保つことと、しっかり保湿することです。
赤ちゃん用のスキンケア用品には色々な種類の商品があります。
デリケートな肌ですし、不必要なものを与えたくないというニーズから無添加の商品も多くあります。
乾燥しやすい肌ということもあって、保湿剤の種類も豊富で、ローションや乳液、オイルやクリームなど様々なものがあります。
スキンシップを楽しみながら肌の乾燥を防ぐ方法として、ベビーマッサージがあります。
多くの場合、ベビーオイルを使って全身をマッサージするもので、地域サークルやショップなどで講習会が開かれていることもあります。
ベビーマッサージをすることでコミュニケーションを取るということの他に、全身のチェックをすることもでき、肌トラブルを早期に発見することができるといったメリットもあります。
お肌の調子は日々変わりますし、スキンケア商品が合わないこともありますから、様子を見ながらケアすることが大切です。

オススメリンク

トラブルを防ごう

赤ちゃんの肌は柔らかくてキメが細かいのですが、実は乾燥しやすく肌トラブルも起きやすいのです。皮脂の分泌量は生後 […]Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930